インディケーターバンク

インディケーターバンク LSMA

LSMAの考え方について

便利な専用インディケーターがあります。取引されているFX会社の専用インディケーターをダウンロードして下さい。
該当のFX会社がない場合には、通常版をご利用下さい。

OANDA Japan

  • OANDA版はこちら

FOREX.com

  • FOREX.com版はこちら
通常版はこちら

専用インストーラーの使い方

Nortonのファイルインサイトでインディケーターが削除されてしまう場合の対処法

 

こんにちは しろふくろうです!

 

今回もMT4ならではの移動平均線LSMAをご紹介したいとおもいます。

LSMAはLeast Squares Moving Averageの略で日本語では「最小移動平方移動平均線」と訳します。

 

LSMAは数学的な解説をすると訳がわからなくなりますので、簡単にどんなものかイメージをしてもらえるようにまとめてみました。

 

代表的なな移動平均線、たとえば単純移動平均線(SMA)、指数平滑移動平均線(EMA)、平滑移動平均線(SMMA)、加重移動平均線(LWMA)はすべて何らかの価格の平均を求めて移動平均にしたものです。

 

しかしLSMAは単純な価格の平均ではなく,プライスの分布からトレンドの中心を導き出す平均線となります。

 

かなりラフな絵ですがこんな感じです。

lsma1

分布ということから統計に使われる手法ですが、もっともトレンド(方向)を表す移動平均線といえるでしょう。

ですので、単純にLSMAを使う時はこの線の傾きが上向きならば上昇トレンド、下向きならば下降トレンドと言え、さらにこの線寄り上なら強気、下なら弱気との判断ができます。

 

LSMAチャートとは?

こちらが「LSMA」を表示したチャートになります。

lsma

 

今回は初期値のLSMA34で設定しました。

チャートの見方はとてもシンプルで、赤色部分はは下降トレンド、緑色の部分が上昇トレンド、そして黄色がトレンドレスを表しています。

そして、このラインがきれいにサポート&レジスタンスとして働いているのがわかると思います。

単純な1本の移動平均線ですが、トレンドを判断するというトレードでもっとも大切な要素を満たしてくれるインディケターです。

 

ぜひみなさんのMT4にインストールしてご活用ください。

 

使い方

LSMAチャートの使い方はこちらの動画をご覧ください。

 

 

インストーラーのダウンロード

今回ご紹介したLSMAチャートを簡単にインストールできるインストーラーを作成しましたので、ご活用ください。

ダウンロードボタンをクリックすると、ZIP形式の圧縮フォルダがダウンロードできます。

 

便利な専用インディケーターがあります。取引されているFX会社の専用インディケーターをダウンロードして下さい。
該当のFX会社がない場合には、通常版をご利用下さい。

OANDA Japan

  • OANDA版はこちら

FOREX.com

  • FOREX.com版はこちら
通常版はこちら

専用インストーラーの使い方

Nortonのファイルインサイトでインディケーターが削除されてしまう場合の対処法

ダウンロード方法はこちらのビデオを参考にしてください。

 ダウンロード・インストール方法動画

圧縮フォルダがダウンロードできたら、ダブルクリックして解凍してください。そのなかには、「.exe」というインストーラーと「インストール手順書」(PDF)が含まれています。

インストール手順書を参考にインストーラーを使って、お使いのMT4へインストールしてください。

カスタムインディケーター、チャートの表示方法

インストールが完了したらメタトレーダー(MT4)のメニューから「チャート」→「定型チャート」と進みます。

その中に「Mt4_lsma」が表示されていれば、インストールは正常に終了しています。

お好きなチャートにLSMAを反映して、お使いください。

チャートへの表示方法はこちらのビデオを参考にしてください。

 チャート表示方法動画

 


EAバンクのEAは、海外のフォーラム等で紹介されている無料のEAであり、全てのMT4で正常な動作を含む内容を保証するものではありません。

又あくまで無料でご提供しているものですので、ご質問等、サポートは一切行うことができませんので、自己責任の下ご利用ください。

掲載されている情報は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。

掲載されている情報は、自動売買の手法をご提供するものであり、それらを使用したことによる成果を保証するものではありません。

掲載されている情報を元に、運用の結果生じた損害の全部若しくは一部について一切の責任及び負担を負わないものとします。